Office

賃貸オフィスの初期費用がこんなにお得に!その方法を伝授します

コストをかけない方法

社内

広さの基準を知ろう

社員が快適に仕事をするために必要な広さは、4坪と言われています。これが各一人に必要となります。この数字より下回ると窮屈になり、反対に広く取りすぎるといらないスペースができてしまい余計お金がかかります。ただ、職業の種類によって一人に与えたい広さはまた違いますから、あくまで目安として考えるべきです。

暑さと寒さをしのぐ空調機能

賃貸オフィスを契約する前に注目したいのが空調環境です。二つパターンがあって一つ目は各部屋に温度を調整できる空調を設けるもの、二つ目は一つの建物が管理するセントラル空調で、どちらも電気料金が大幅に変わってきます。少なくとも、オフィス環境を快適にするためには、一日中つけっぱなしなんてこともあり得るでしょう。だからこそコスト削減がとても重要です。ちなみに、最も電気料金が安くなるのはセントラル空調です。定時に仕事を終える会社のほとんどが選択しているでしょう。

もう一つ忘れたくないフリーアドレス

他も重要ですが、やはり賃貸オフィスを借りる時に検討しなければならないフリーアドレス制度はスルー出来ません。特徴としては、席を固定せず自由に動きながら仕事ができることです。よく採用されるのは大手IT企業です。また、営業で外出することが多い場合も、必要な席がそんなにないので、狭いオフィスでもなんとかやっていけるでしょう。フリーアドレス制はコストを抑えるための重要なポイントなので、会社に留まることが少ない会社ほど活用すべきと考えます。

通信費の事も考える

引っ越しをする賃貸オフィスのほとんどが通信サービスを使えますが、使えるものは異なります。そのため、コスト削減のために通信サービスの内容を検討し直すことが大切です。固定電話から割引が適用される電話サービスと再契約をするだけでも十分削減に役立ちますよ。ただ、オフィスで使えるかどうかは確認しなければわからないので、契約前にチェックしておきましょう。

広告募集中